企業PRの動画制作依頼前にチェック!制作事例や依頼時のポイント

企業PRの動画制作を依頼するメリットと事例

企業PRの動画制作を依頼しようとお考えの方の中には、初めて動画制作を依頼する方も多いでしょう。今回は、動画制作を依頼する前にぜひ確認していただきたい、企業PRの動画制作を依頼するメリット・デメリットと事例、依頼前に準備するものの他、動画制作会社を選ぶポイントについてご紹介します。

企業PR動画とは?依頼するメリット・デメリットと制作事例

「企業PRの動画が話題となり、顧客が増えた」という声をよく耳にするようになりましたが、そもそも企業PRの動画とはどのようなものなのでしょうか?ここでは、企業PRの動画制作を依頼するメリット・デメリットと、企業PR動画の制作事例についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

そもそもどんなもの?プロにお任せするメリット・デメリット

メリット・デメリット

テレビCMだけではなく、YouTubeやSNSなどでも話題を集めているのが、企業PR動画です。多くの企業が動画制作を行っていますが、企業PR動画にはどのようなメリットがあるのか、気になる方も多いかと思います。動画制作を依頼する前に確認しておきたい、企業PR動画のメリットとデメリットをご紹介します。

企業PR動画とは?

そもそも企業PR動画とは、どのようなものなのでしょうか?企業PR動画のPRとは、「Public Relations(パブリックリレーションズ)」の頭文字をとったもので、ユーザーとの関係作りを目的としています。

また、PRは「Promotion(プロモーション)」として使われる場合もありますが、プロモーションはアピールすることを目的としているため、ユーザーとの関係は一時的になってしまいます。

そのため、企業PR動画は企業が商品やサービスなどの販促だけではなく、ユーザーと信頼関係を作ることを目的に活用するための動画となります。企業PR動画は商品やサービスのPR以外にも、会社紹介やブランド認知、採用促進や観光促進など、様々な目的で使用されています。

企業PR動画によってユーザーからの信頼を得ることができると、継続的に商品の購入やサービスの利用をしてもらえる可能性が高くなるため、多くの企業が動画制作に力を注いでいるのです。

企業PR動画のメリットとデメリット

・メリット
企業PR動画はSNSとの相性がいいので、拡散されやすいことがメリットです。他にも、他社との差別化を図れること、広告を全面に出していないためブランド認知がされやすいことなど、様々な特徴があります。また、動画は記憶に残りやすく、購買意欲を掻き立てやすいことも企業PR動画の大きなメリットといえるでしょう。

企業PR動画のメリットとデメリット

・デメリット
企業PR動画の完成度が低いと、ユーザーにマイナスイメージを与えてしまう恐れがあります。また、公開した企業PR動画のデータを定期的に収集し、万が一効果が得られなかった場合は改善しなければなりません。

過去の企業イベント

企業PR動画

企業PR動画の内容は目的だけではなく、商品やサービスをアピールしたいターゲット層などによって異なります。

こちらでは、4thclueがこれまでに携わった事例をご紹介します。動画制作を依頼する際にお役立てください。

企業Web CM

会社種類 大型ホームセンターを展開する企業様
業種 小売業
種類 企業PR
尺(動画の時間) 60秒〜
価格 30万〜
映像URL https://youtu.be/kM3ZQh9ktug

イベント 当日撮って出し映像

会社種類 インターネット関連サービス事業を行っている企業様
業種 サービス業
種類 企業イベント
尺(動画の時間) 3分〜
価格 40万〜
映像URL https://youtu.be/x4M3m7j4P_E

【小樽市×ASEJYO】観光PR動画

会社種類 北海道小樽観光協会
業種 観光業
種類 企業PR
尺(動画の時間) 3分〜
価格 50万~
映像URL https://vimeo.com/543510608/207350c076

依頼前に準備するもの・動画制作会社を選ぶポイント

商品やサービスなどを紹介するための企業PR動画は、動画制作会社に依頼して制作するのが一般的です。ここでは、動画制作の依頼時に依頼者が準備するものや、動画制作会社を選ぶポイントをご紹介します。企業PR動画の制作を依頼する前に、ぜひ確認してください。

準備するもの

動画制作を依頼

企業PRの動画制作を依頼する前に、まずは依頼者が準備するものを確認しましょう。依頼者が準備しなければならないものは、主に5つあります。

目的

依頼前には、動画制作の目的を決めておきましょう。動画で何を達成したいのか、ターゲットは誰なのかを明確にします。例えば、子ども向けのおもちゃの販売促進を目的とした場合では、ターゲットは子どもになるのでアニメーションを使ったポップな映像など、自然と動画の方向性が決まります。

企業名や商品の認知度をアップさせたいのか、商品の購入を促したいのかなど、目的をはっきりとさせましょう。効果的な動画を制作するには、ターゲットやゴールなどの目的を、しっかりと決めておくことが大切です。

予算

動画のクオリティを左右するのが予算です。予算が多いからといって必ずしもクオリティの高い動画が制作できるとは限りませんが、予算が曖昧だとどのような映像を制作したらいいのか制作会社が困ってしまいます。

また、動画制作では追加料金が発生することもあるので、予算の上限をしっかりと制作会社に伝えましょう。動画制作の費用は、企画構成費やディレクション費などの企画費、キャストやカメラマンなどの人件費の他、編集費や備品代などで構成されています。

納期

動画がいつまでに必要なのか、納期を決めましょう。納期が決まっていると、動画制作のスケジュールを組み立てやすくなります。また、予想外の修正などが発生することもあるので、新商品や新サービスを発表する日や、展示会の企業イベントに参加する日などが決まっている場合は、最低でも1~2週間前までには納品してもらうことをおすすめします。

動画制作会社

動画の目的と予算を決めたら、企業PR動画の制作を依頼する制作会社を探します。気になる制作会社のホームページなどで制作実績を確認しましょう。制作実績の動画の中にイメージに近いものがあれば、制作会社に問い合わせをします。問い合わせをしたいくつかの制作会社の中から、実績や対応が優れた制作会社に見積りを依頼し、それぞれの特徴を比較してから、発注先を絞り込むことをおすすめします。

選ぶポイント

選ぶポイント

企業PR動画の制作を手掛ける会社はたくさんあるので、どの制作会社に依頼すればいいのか悩む方も多いでしょう。制作会社選びで悩んだ場合は、以下5つのポイントをチェックしてください。

動画制作の実績の豊富さ

制作会社を選ぶ際には、制作会社のホームページなどに掲載されている、制作事例を確認しましょう。制作事例を確認することで、希望するイメージに沿った動画を制作してくれるのかどうかを判断することができます。また、実績が豊富な制作会社であれば、様々な要望にも柔軟に対応できるでしょう。

得意な動画のジャンルと種類

制作会社によっては、得意なジャンルと不得意なジャンルがあります。また、YouTubeやSNS、展示会などの種類によって動画の内容が異なるので、制作したい動画のジャンルと種類を得意とする制作会社に依頼しましょう。

動画のクオリティの高さ

制作会社選びでは、動画のクオリティの高さもチェックしたいポイントの1つです。

レスポンスの早さ

制作会社に問い合わせや見積りを依頼した際の、レスポンスの早さを確認しましょう。動画制作では連絡をとることも多いので、レスポンスが遅い場合は話を進めることができません。スムーズに動画制作が進められるように、担当者のレスポンスが早い制作会社を選ぶことも重要です。

提案力

動画制作には専門的な部分が多いので、動画制作の目的を達成するためには制作会社の提案力が欠かせません。お客様のご要望をお伺いしたうえで、プロの視点から提案してくれる制作会社であれば、安心して動画制作を任せることができます。

4thclueの制作事例はこちら!お気に入りの動画があればぜひ制作依頼を

企業PR動画の目的・予算が決まったら、早速動画制作会社に依頼しましょう。動画制作を手掛ける4thclueでは、企業PRや商品PRの動画制作、企業イベントやオンライン展示会などのライブ配信サービスを行っております。4thclueの制作事例をご確認いただき、イメージに合う動画がございましたら、どうぞお気軽に4thclueまでお問い合わせください。

企業PRの動画制作を依頼しようとお考えの方は4thclueへ

会社名 4THCLUE株式会社
代表取締役社長 長谷川 裕一
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-4桑野ビル2F
TEL 080-4837-6330
メール contact@4thclue.com
事業内容 ブランドストーリーのデザイン,各種クリエイティブ制作,自社プロダクトの企画 / 開発 / 販売
URL http://4thclue.com/